出産準備購入品

レンタル?買う?ベビーベッド選びで迷った時に購入を決めた理由教えます

ベビーベッドはレンタルと購入どっちがいいの?

ベビちゃんが生まれる時に揃えるか迷うのがベビーベッド。

第1子の時はまだワンオペレベルが低めだったこと、長期出張などがなく2人の間にベビちゃんを寝せれば落下しないし、ベッドは使わなくなる。邪魔になると聞いていたのでベビーベッドは購入しませんでした。

第1子の時は揃えなかったベビーベッドを今回は用意したいと強く思った理由

  • 私1人で寝ることが多く一度寝たら起きづらいのでベビちゃんを踏まないか心配
  • 第1子の時にローベッドから落下させてしまった
  • ワンオペで今回も帝王切開なので楽な姿勢でオムツかえ等の世話をして負担軽減したい
  • 赤ちゃんが1人で眠れるクセをつけたい

 

長女をベッドから落下させてしまった過去があり今回はベビーベッドを用意したいと思いました。

ベビーベッドを用意すると決めたら次に検討するのが「レンタル」か「購入」かです。

私は購入派でうちの人はレンタル派で意見が分かれたのでそれぞれの理由を紹介します。

レンタル派

うちの人がレンタル推しだった理由

ココがおすすめ

  • 必要な期間だけ利用できる
  • 使用しなくなった時に返却するだけで済むので処分方法に困らない
  • 様々なレンタル会社がありベッドも種類が選べる
  • 短期なら断然レンタルが割安

使いたい時だけ利用することができて合理的!

 

出典 ダスキン

 

ココがマイナス

  • 配送すると送料が高い(来店受け取り・返却の場合は0円)
  • 1年以上使うと購入と金額があまり変わらない
  • 延長利用ができない場合がある
  • 新品ではないので使用感あるものが届くこともある

ベビー用品レンタルのダスキン

ベビー用品レンタルのベビレンタ

購入派のメリットとデメリット

私が購入派だった理由

ココがおすすめ

  • 期間を気にすることなく使える
  • 自分のものなので壊したら…という不安なく使える
  • 新品なので綺麗な状態のものを赤ちゃんに使える
  • 1年以上使うなら購入もレンタルも金額が変わらない

ココがマイナス

  • 赤ちゃんに合わなかった場合に置く場所もお金も無駄になる
  • 使わなくなった後の処分方法に手間がかかる
  • 安くても1万円以上する

 

 

ベビーベッド購入を決めた理由

ベビーベッドのレンタルと購入のそれぞれのメリットデメリットを考えた結果私は購入を決意しました。

長く利用した場合レンタルと金額が大差なかったこと。
布団付きのセットで購入した場合購入の方が安いベッドもあった。
新型コロナウイルスが流行っていたので新しいものを使いたかった。

これらの理由から新品購入を決心しました。

ベビーベッドで購入候補だったもの

私が欲しいと思って迷ったベビーベッドです。

見た目が超かわいいストッケのベビーベッド(超高級)

見た目も可愛いですが、なんと別売のキッドを買えば10歳くらいまで利用することができる機能も備わったベビーベッド。
唯一の難点が高いところ。

 

コンパクトでマンションでも置けるカトージミニベッド(ハイタイプ)

ハイタイプで下段に収納もついているミニベッド。コンパクトなのでリビングから寝室へとコロコロとベッドを部屋から移動することのできるサイズです。

ストアで実物を見るとちょっと小さめで長くて1歳でサイズアウトしてしまいそう…?

 

高さがベスト75cmハイタイプカトージベッド

店頭で見た高さの中で一番楽な姿勢でお世話ができる75cmのハイタイプベッド。下段の収納もあり通常サイズなので2歳近くまで使うことができそうな大きさです。また5段階の高さ調節が可能で長く使いたい人向き。

帝王切開の妊婦が選んだカトージハイタイプアーチ&抗菌布団セット

ミニタイプとも迷いましたが長く使ってネントレしたいという想いから通常タイプで
下段の収納は空間を無駄にしないためにも外せなかったので収納付きタイプを選択。

抗菌の布団とセットだとちょっとお得なので日本製の抗菌布団付きのものにしました。

まだベビちゃんは使っていませんが収納にオムツやおしりふきのストックを入れることができてかなり満足度が高いです。

 

まとめ

今回私は帝王切開で腰の負担を軽減させたい・収納スペースを確保したい・長い期間使いたい・という理由からハイタイプのベビーベッドを選択しました。

最初は大きいかも?と思ったのですが部屋に馴染んできてこのサイズにしてよかったと思いました。

今はレンタルも種類も豊富ですし、購入するのもミニサイズや折りたたみタイプやハイタイプなど様々な種類がありかなり迷いました。

この記事を読んでくださった方も自分のライフスタイルにあったベビーベッドを選べますように。

  • この記事を書いた人

幸子

Hokkaido アラサーワンオペママ

-出産準備購入品

© 2021 ワンオペママ幸子のさっぽろ子育てブログ Powered by AFFINGER5